大沢零次(大沢樹生の息子)の父親は?喜多嶋舞と伏石泰宏の実子?

大沢樹生と喜多嶋舞の画像芸能

☆この記事はこのような人におすすめです。

■大沢樹生の息子・大沢零次の父親が誰なのかを知りたい。

■大沢零次の父親とウワサされている伏石泰宏について知りたい。

■大沢樹生と離婚した喜多嶋舞の現在を知りたい。

 

光GENJIの元メンバー大沢樹生といえば、息子の大沢零次(当時・22)が起こした事件によって、DNA型鑑定の過去が蒸し返されました。

 

当時、騒動の渦中にいた大沢樹生は、元女優の喜多嶋舞と1996年にデキ結婚。

 

婚姻関係にあったときに誕生したのが、長男の大沢零次だったのです。

 

しかし、夫婦は2005年9月20日に離婚。

 

離婚後、息子・零次の親権を母親の喜多嶋舞が持つことになるも、2007年に喜多嶋舞が再婚。

 

今度は大沢樹生に親権が移ったのです。

 

その後、大沢樹生は2013年に息子の父親が自分なのか調べるためにDNA鑑定をしたところ、父子確率が0%と判明。

 

息子の大沢零次が実子でないことが発覚したのですが、それでも喜多嶋舞は「長男の父親は大沢さん」と反論し続けたのです。

 

結局、DNA型鑑定が証拠となったため、大沢零次の本当の父親がいまだ誰だか分かっていません。

 

そこで今回は大沢樹生の息子、大沢零次の父親は誰なのか?

 

また、本当の父親とウワサされている伏石泰宏喜と、喜多嶋舞の関係などについて調査してみました。

Sponsored Link

大沢零次(大沢樹生の息子)の父親は誰?

ニュースに出ていた喜多嶋舞の長男・大沢零次の顔は、大沢樹生とそっくりでした。

 

それでも、DNA型鑑定で「血縁関係なし」と証明されたのだから、似ていても息子・零次の父親は大沢樹生ではないことになります。

 

(大沢樹生の息子・大沢零次)
大沢樹生の息子の大沢零次の画像

 

では、いったい息子・大沢零次の父親は誰なのか?

 

そもそも、大沢樹生がDNA型鑑定を行ったきっかけは、息子の障害と再婚した嫁との間に授かった子供が死産したことからでした。

 

息子・大沢零次の障害は、幼少期に感音性難聴を抱えていることが発覚。

 

その他にも、乳児期の長期入院・手術により、心的外傷後遺症を患った認知障害もあるとされています。

 

ちなみに、息子の大沢零次が当時15歳だったとき、大沢樹生と喜多嶋舞から虐待を受けていたことを『週刊文春』に告白しています。

 

ところが、大沢樹生はこの事実を「認知障害によるもの」として、完全否定しました。

 

大沢樹生は息子の障害のことや、性格や体格が自分と比べて違うこと。

 

さらに、再婚相手の子供が死産した要因が自分にあると思ったので、息子のDNA検査したということです。

 

その結果、息子の大沢零次が実子でないことが判明。

 

やはり、ウワサされているように大沢零次の父親は、伏石泰宏の可能性が高そうです。

Sponsored Link

大沢零次は喜多嶋舞と伏石泰宏の実子?

大沢零次が大沢樹生の息子でないことが判明すると、マスコミはこぞって父親探しを始めました。

 

まず大沢零次の父親として当時、名前が挙がったのは、奥田瑛二、石田純一、赤坂晃、保阪尚希、西島秀俊など複数の芸能人。

 

中でも「週刊新潮」は奥田瑛二と石田純一のどちらかが、父親の可能性があると報じたのです。

 

大沢樹生の息子の父親画像

 

その根拠ですが、奥田瑛二は喜多嶋舞が泥酔した際、大沢樹生に「息子の父親は自分かも」と白状したそうです。

 

また、石田純一については、大沢樹生と結婚する直前の喜多嶋舞と一緒にいるのを頻繁に目撃されていたのだとか。

 

しかし結局、名前が挙がったものの、父親なのかは謎のままで終わっています。

 

すると今度は、結婚する少し前まで喜多嶋舞と付き合っていたというカリスマ美容師が、「もしかしたら自分が喜多嶋舞さんの子の父親かもしれない」と名乗り出たのです。

 

その美容師は、かつて都内の人気美容室に勤務していた人物。

 

大沢樹生と結婚する前に喜多嶋舞が通っていて、担当したことがきっかけで交際に発展したといいます。

 

ただ、交際期間は2か月あまり。

 

それでも美容師は、「DNA鑑定してもいい」と言いだし、「喜多嶋舞さんの息子さんが自分の子供だったら会いたい」と志願したのです。

 

結局、父親候補に名乗り出た美容師が、その後にDNA鑑定したという情報はありません。

 

そして、ふたたび父親探しが過熱。

 

そんな中、現在、大沢零次の父親として一番有力なのが、元俳優の伏石泰宏だと言われています。

 

伏石泰宏は香川県高松市出身。

 

1993年のジュノン・スーパーボーイ・コンテストで審査員特別賞を受賞したのをきっかけに芸能界入りしました。

 

過去の出演作はドラマ「サイコドクター」、「将太の寿司」などがあり、2004年頃まで芸能活動を行っていましたが、引退。

 

その後、怪しいパーティーを開いて逮捕されています。

 

(伏石泰宏の画像)
伏石泰宏の画像

 

その伏石泰宏が現在、「大沢零次の実父」とウワサされているのです。

 

やはり写真を見比べてもわかるように、大沢零次は大沢樹生の息子ではなく、伏石泰宏の実子のような気がします。

大沢樹生と喜多嶋舞の現在

喜多嶋舞の母親は元女優の内藤洋子で、父親は作曲家の喜多嶋修です。

 

喜多嶋舞の生い立ちは、2歳からアメリカ・カリフォルニア州で育った帰国子女。

 

14歳で芸能デビューし、1996年6月に大沢樹生とデキ婚しました。

 

そして、大沢樹生と離婚した後、週刊ポストのグラビアの仕事で知り合った男性と2007年に再婚。

 

その再婚相手の職業は、小学館に勤務する和阪直之氏とされています。

 

ちなみに、喜多嶋舞は再婚した夫ともデキ婚で、翌年の2008年1月24日に女児を出産しています。

 

また、喜多嶋舞の現在はというと、実子騒動の後、芸能界を引退していますが、それは表向きの話。

 

本当はクビだったそうです。

 

以来、表舞台から姿を消し、今も業界に携わることもないところを見ると、家庭に入って主婦していると思われます。

 

一方、息子の大沢零次の親権を一時保有していた大沢樹生は、2008年に現在の妻・早耶香(さやか)さんと再婚。

 

(大沢樹生の再婚相手の大沢早耶香)
大沢早耶香の画像

 

ただ、大沢早耶香さんとの間に授かった第一子が死産する不幸や、濱松恵に不倫を暴露されたりと、散々な目に遭っています。

 

それでも現在のところ離婚はしていません。

 

そして、実子騒動の渦中にいた大沢零次はというと、両親が離婚した後、ロサンゼルスに住む喜多嶋舞の両親のもとで生活していたようです。

 

向こうでは、日本食店で仕事をはじめたかと思えば、家出を繰り返していたそうなのですが、2018年に帰国。

 

帰国後は母親の喜多嶋舞とは会わず、小中学校の友人に生活費を借りたり、遊び仲間の両親に援助してもらったりして生活していたということです。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました