山本KIDの胃がんの原因はタトゥーと母親の遺伝?子供は何人?

山本KIDの画像スポーツ

9月18日は人気格闘家・山本KID徳郁(本名・岡部徳郁)選手の命日です。

 

41歳という若さでこの世を去った、山本KID選手の死因は胃がん。

 

自身のインスタグラムで癌の治療をしていることを告白してから、わずか23日で訃報が報じられたのです。
ただ、山本KID選手は癌治療を公表したとき、患っている病名や癌の種類、ステージなどに関して何も触れずにいました。

 

そのため、ますます病状が心配され、ネット上でも「早く元気になって戻ってきてほしい」、「絶対治ると信じています」などと激励のコメントが殺到。

 

その一方で、やはり心配されたのは、癌のステージと病名でした。

 

結局、最期まで病名やステージが発表されることはありませんでしたが、世間ではタトゥーとの因果関係を指摘。

 

勝手な推測で「タトゥーが原因で癌になった」という声や、「母親と同じ白血病ではないのか?」といったウワサが飛び交ったのです。

 

そこで今回は、山本KID選手の胃がんの原因は何だったのか。

 

また、残された妻や子供などについて調査してみました。

Sponsored Link

山本KIDの癌はタトゥーが原因?

山本KID選手が癌を公表した後、週刊誌「フラッシュ」が、病名を「消化器系の癌」。

 

さらに、癌治療のため、グアムで闘病生活を送っていると報じました。

 

この報道で、初めて山本KID選手の病名が「消化器系の癌」だと判明。

 

確かに山本KID選手は、2018年に入ってから急に激ヤセし、病気がウワサされていたのです。

 

しかも、「格闘代理戦争」を欠席していたため、格闘技ファンからも重病説が流れていたといいます。

 

その山本KID選手が自身のインスタグラムで、急に癌の治療を告白したためウワサが現実に。

 

驚きと共に、皆が病名のことを気にしたのは言うまでもありません。

 

そこで、山本KID選手の病名に関して、何か情報がないか調べて見たのですが、当時は一切出てきませんでした。

 

ただ、ネット上では「全身に彫られているタトゥーが原因で癌になったのでは?」と、もっぱらのウワサになったのです。

 

一般的にタトゥーのインクには、人の肌に付けることは想定されていない有害物質が3分の2含まれているとか。

 

残りの3分の1には、許可されていない原料が使われていたことが発表されています。

 

つまり、タトゥーのインクに含まれている有害物質が人の皮膚に浸透してしまうと、血管まで到達し、体中の内臓や器官に到達してしまうのです。

 

同じくタトゥーを入れる際に使用される器具からも、病気に感染してしまう可能性が。

 

器具がきれいに消毒されていないとどうなるかというと、B型・C型肝炎に感染してしまい、放置すると病気が進行して、肝硬変、肝癌へ進展してしまいます。

 

そのため、山本KID選手の癌の原因がタトゥーだとすれば、病名は「肝臓癌」である可能性があったのです。

 

しかし、亡くなってから死因が「胃がん」だったことが報じられ、病名が判明。

 

聞くところによると、最初に胃がんが見つかったのは、2016年頃だったとか。

 

そとき、すでにステージ4と診断されていたようです。

 

では、胃がんの原因は何だったのか?

 

決まっているわけではありませんが、喫煙が原因だと言われています。

 

山本KID選手はタバコを吸っていたらしいのですが、喫煙は「肺がん」、「口腔がん」、「胃がん」になりやすいことは、よく知られています。

 

タバコに含まれている発がん物質が、臓器の遺伝子を傷つけることで癌になりやすい。

 

そのため、直接の胃がんの原因として、喫煙の影響が指摘されているようです。

Sponsored Link

山本KID選手の癌は母親の遺伝でもなかった?

山本KID選手は、癌を公表する際、治療をしているということだけしか語りませんでした。

 

もし、ステージが初期ならば公表しているだろうし、何癌を患っているのかも隠さないはず。

 

それだけに、ステージが深刻な状況であることが予想されたのです。

 

ちなみに、当初、推測された肝臓癌ですが、ひと昔前までは肝臓癌と診断されると、余命半年と言われていました。

 

しかし、医学の進歩により、現在は手術ができれば5年生存率は全国平均で、57%~64%と言われています。

 

ただし、1~4期ある肝臓癌のステージで、手術が可能なのはステージ3期まで。

 

肝機能が悪くなっている4期になると、手術は難しくなるそうです。

 

そして、もう1つウワサになった白血病ですが、これは山本KID選手の母親が白血病で亡くなっているので、そう言われていました。

 

山本KID選手の母親・憲子さんは審判員の資格を取って、女子審判員第1号となった人物。

 

山本KID選手が学生だった1999年に白血病で亡くなっています。(享年51)

 

そのため、山本KID選手の癌も、「もしかして母親の遺伝ではないか?」と言われていましたが、白血病は子供に伝わる遺伝病ではありません。

 

白血病は血液の癌ですが、成人の白血病は伝染もしないし、遺伝することもないようです。

 

なので、山本KID選手の病名が白血病というのは、かなり低い確率だったのです。

 

いずれにせよ、遺伝性の癌の割合は少ないので、胃がんとの関係はほぼ無かったことになります。

山本KIDの妻と子供は何人?

山本KID選手の父親は、元レスリング選手でオリンピックに出場した山本郁榮氏(74)。

 

姉は、女子レスリング選手で総合格闘家の山本美憂選手(45)。

 

妹は、女子レスリングで世界王者を4度獲得した山本聖子選手(39)です。

 

山本美憂と山本聖子の画像

 

また、妹の山本聖子選手の旦那がメジャーリーグのダルビッシュ有投手(33)というのは有名な話。

 

そのダルビッシュ投手が義兄にあたる山本KID選手を、療養中に金銭面で支援していたことなどが亡くなった後、家族の口から明かされたのです。

 

しかも、ダルビッシュ投手は残された家族に対しても、今後、面倒を見ていくことを公約。

 

山本KID選手の家族は妻と子供が4人います。

 

妻は一般人で、名前はゆいさん。

 

モデルのMALIA(36)と2009年8月に離婚した後、2014年に再婚していました。

 

ちなみに、前妻のMALIAは、サッカーの田中隼磨選手(37)と離婚後、山本KID選手と再婚し、長男をもうけています。

 

そして、4人の子供ですが、長男の海鈴(かい)くんは、前妻・MALIAと田中隼磨選手の子供なので血は繋がっていません。

 

実子は3人で、二男の愛郁(あい)くんと長女のありあちゃんがMALIAとの間に授かった子供。

 

次女の虎(とら)ちゃんが後妻との間に出来た子供になります。

 

プライベートでは「2度の結婚」。

 

そして、子供にユニークな名前を付けたりと、山本KID選手らしいところがありました。

 

生前は公私共に波乱万丈な人生だったかもしれませんが、記憶に残る選手だったのは言うまでもないでしょう。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました