大西有紀を霊視 犯人はリュックの男?鳥?警察犬が吠えた場所は?

大西有紀の画像事件

2005年4月29日に起きた「タケノコ掘り失踪事件」は、日本の未解決事件の中の1つです。

 

行方不明になったのは、当時5歳の大西有紀(おおにしゆうき)ちゃん。

 

大西有紀ちゃんは当日、母親、3歳上の姉と一緒に、「香川県五色台連絡協議会主催」のたけのこ掘りイベントに参加していました。

 

しかし、午後1時45分ごろ、母親に「もう1本取ってくる」という言葉を残したのを最後に、行方がわからなくなっています。

 

また、この「大西有紀ちゃん行方不明事件」ですが、捜索開始から2日続けて、5匹の警察犬が同じ場所で匂いを嗅ぐのをやめたといいます。

 

まるで「神隠し」にでもあったかのようなこの不思議な事件は、いまだ発見につながる手がかりは見つかっていないのです。

 

そこで今回は、大西有紀ちゃんを霊視した結果や、誘拐事件なら犯人は誰なのか。

 

さらに、「鳥に連れ去られたのではないか?」という説についてまとめてみました。

Sponsored Link

大西有紀ちゃんを霊視 犯人はリュックの男?

たけのこ掘りの途中に行方がわからなくなった大西有紀ちゃんの「坂出タケノコ掘り女児失踪事件」は、不可解なことが多いため、さまざまな仮説が立てられています。

 

まず、失踪当日の行動ですが、大西有紀ちゃんは2005年4月29日午後1時ごろ、たけのこ掘りを始めています。

 

午後1時40分ごろに4本のたけのこを発見した有紀ちゃんは、その後「もう1本取ってくる」と母親に告げた後、1人で走り去っていきました。

 

これが有紀ちゃんが残した最後の言葉になります。

 

そして、集合時間間近になっても有紀ちゃんが帰って来ないため、母親が他の参加者などと一緒に付近を探すも見つからず。

 

午後3時ごろに警察へ通報し、3時45分ごろに警察が現場に到着。

 

午後5時ごろには地元消防団も含めて合同捜索しましたが、午後9時になっても発見には至りませんでした。

 

そして、翌日からは100人から200人体制で竹林の横の池周辺や、山中と範囲を広げて捜索するも見つからず。

 

しかも、有紀ちゃんが身に着けていた帽子や靴など、手掛かりになるような遺留品も一切見つかっていません。

 

そこで、この謎を暴くために、以前テレビ番組が超能力者に依頼して、大西有紀ちゃんの霊視をおこないました。

 

番組が依頼したのは、透視で事件を解決する海外の超能力者「ノリーン」。

 

ノリーンの霊視では、大西有紀ちゃんの行方不明は「誘拐事件」という結果が出たのです。

 

では、誘拐事件なら犯人は一体誰なのか。

 

犯人像について、ノリーンは霊視で「若い男の人が見える」と言ったそうです。

 

さらに、犯人の男は「痩せていてリュックを背負っている」。

 

また、たけのこ堀りには、54人が参加していましたが、ノリーンいわく「犯人はたけのこ堀りのメンバーではない」。

 

他にも「抱えられて連れ去られた」、「有紀ちゃんは胸を押さえつけられていたので、母親を呼ぼうとしても声が出なかった」、「犯人は計画的に連れ去った」。

 

といった、霊視結果を口にしたといいます。

 

たしかに、ノリーンが言った「リュックを背負っている」というのは、若くはないですが、現場から少し離れた獣道から出てきた怪しい男が目撃されているそうです。

 

この男は、以前から「大西有紀ちゃんを誘拐した後、リュックに入れて連れ去ったのでは?」と噂されていましたが、はたして、ノリーンの言う犯人と同一人物なのかどうか。

 

当時の有紀ちゃんは、身長約105センチとのことなので、大きなリュックに入れようと思えば可能です。

 

そのため、目撃されたリュックの男が犯人である可能性も捨てきれません。

 

ちなみに、大西有紀ちゃんの居場所ですが、ノリーンは香川県、愛媛県、徳島県に手掛かりになるような物が見つかると霊視していました。

 

しかし、番組が調査したところ、当然ながら何も発見できずに終わっています。

Sponsored Link

大西有紀ちゃんの犯人は鳥?

大西有紀ちゃんの行方がわからなくなった際、警察は捜索に警察犬を投入。

 

当日は、1匹の警察犬が有紀ちゃんの持っていた水筒の匂いを頼りに、捜索をおこなっていました。

 

ところが、ある場所に来た時、ピタリと足を止めて動かなくなったそうです。

 

さらに、翌日も4匹の警察犬を投入して捜索しましたが、昨日と同じ場所に止まって吠えたといいます。

 

この警察犬の行動は一体何を意味しているのか。

 

もし、誘拐犯が抱きかかえて逃げたのなら、警察犬は有紀ちゃんの匂いから切り替えて、犯人の匂いを正確に追うことができます。

 

しかし、それもないということは、つまり、何らかの方法で真上から連れ去られた可能性があるのです。

 

これが大型の鳥にさらわれたという説です。

 

では、鳥ではなく、仮にヘリコプターで連れ去られたとしたらどうでしょう。

 

その場合は、音などでわかるし、目撃情報もあったと思います。

 

それに、大体ヘリコプターが入るのは極めて困難です。

 

なので、ヘリコプターでないとしたら、1つの説として、ワシとか鷹といった大きな鳥が連れ去ったんじゃないかという説があるのです。

 

また、そもそも、鳥が人間をさらうのは重すぎて無理があると思われますが、当時の大西有紀ちゃんの体重はわずか15キロ。

 

これまでもイヌワシなんかが実際に子供連れ去る事案や、動物をさらうようなこともあるので、「犯人は鳥」の説もあながちありえるのかもしれません。

警察犬が吠えた場所

たけのこ掘りのイベントがおこなわれていた場所は、香川県坂出市王越町の五色台ビジターセンター付近の竹林です。

 

ホームページによると、五色台ビジターセンターは、国立公園になっていて、訪れる人に地域の自然情報やアクティビティを提供するようです。

 

また、近くにはオートキャンプ場もあり、五色台の自然を昼夜をとおして体験することができるのだとか。

 

たけのこ掘りは、そのキャンプ場北側から小道を約150メートル入った竹林周辺で、開催されていました。

 

そして、警察犬が吠えた場所というのがここらしいのですが、大西有紀ちゃんは、側にある池に落ちた可能性もあるのです。

 

五色台ビジターセンター付近の竹林の画像

 

この池は、「タンベ池」と呼ばれ、水深が3メートル。

 

林の中で迷った際、がけから足を滑らせて、池に落ちてしまったのではないかということも考えられます。

 

当然、警察もその可能性はあるとみて、池の水を抜いてまで捜索。

 

しかし、有紀ちゃんの身に着けていたものは、何も見つからなかったということです。

大西有紀ちゃんの家族

大西有紀ちゃんの自宅は高松市浜ノ町で、父親、母親、姉の4人家族。

 

父親の大西正芳さんは、当時48歳で職業は会社員だったようです。

 

また、大西有紀ちゃん行方不明から14年の年月が経ち、現在も有紀ちゃんの姿を目撃したという情報はありません。

 

親御さんの事を思うと、早く事件が解決されることを願うばかりです。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました