希良梨と森田剛にフライデー!現在の旦那は台湾人で子供は?

希良梨の画像芸能

V6森田剛の元交際相手として、フライデーやフォーカスに報じられたことがある女優の希良梨(36)は、10代で子宮頸がんを発症し、20歳のときに一度芸能界を引退しました。

 

その3年後に一旦復帰したのですが、再び芸能界から姿を消したのです。

 

その後の希良梨はというと、25歳のときに台湾に移住。

 

現地で映画プロデューサーだった台湾人男性と結婚し、長男を出産。

 

現在は、日本と台湾を行き来きする生活を送っているといいます。

 

そんな希良梨といえば、1998年に放送された人気ドラマ「GTO」に出演して一躍ブレイクしました。

 

過去にはV6森田剛とフライデーやフォーカスに報じられたこともあったのですが、なぜか、昔のことが今になって再び掘り起こされているのです。

 

その理由は、宮沢りえと森田剛の熱愛が発覚したからで、熱愛が発覚したことにより、森田剛の女性遍歴に注目されているのです。

 

なので、森田剛の元交際相手だった希良梨に、マスコミが関心の目を向けているのだと思われます。

 

そこで今回は、希良梨の現在や、旦那、子供について調査してみました。

Sponsored Link

希良梨が森田剛とフライデー フォーカスに報じられた過去

ドラマ「GTO」の出演により、顔が売れ始めた希良梨は、当時、森田剛との熱愛を「フライデー」や「フォーカス」に報じられた過去があります。

 

(GTO時代の希良梨)
希良梨のGTO時代の画像

 

希良梨は、上戸彩と交際する前の森田剛と付き合っていたのです。

 

森田剛と希良梨の交際は、東京ディズニーランドデートを、1997年7月15日号のフライデーが掲載し、発覚。

 

さらにフォーカスにも、ツーショットが掲載されたのでした。

 

写真週刊誌の草分けともいわれる「フォーカス」は、2001年に休刊しましたが、当時はまだ現役バリバリのスクープ誌。

 

森田剛と希良梨のベッ○写真も流出し、フォーカスに掲載されたこともあったのです。

Sponsored Link

森田剛と上戸彩

森田剛の元カノといえば、上戸彩が有名で、2人は2001年放送のドラマ『嫁はミツボシ。』での共演がきっかけとなり、交際を開始。

 

翌2002年12月には、上戸彩が森田剛の自宅に連泊したり、近所の焼肉屋で会食したりする姿をフライデーが、スクープしていました。

 

当時の上戸彩は17歳。

 

そもそも所属事務所のオスカーは「20歳以上ならデビュー後5年、10代なら25歳まで恋愛禁止」という、厳しいルールを設けています。

 

上戸彩はフライデーの報道を受け、自身のブログで「森田剛さんとはすごく仲良くしてもらっていて、友情交際みたいな感じです。」とコメント。

 

交際について、否定も肯定もしない言い方をしていたのです。

 

その後、25歳を過ぎて、恋愛禁止の枷が外れると、ついに森田剛との交際を認める発言をしました。

 

ところが、そのわずか1か月後、8年という長きに渡って続いた2人の交際は、突如として終わりを迎えたのです。

 

なお、破局の理由は、結婚願望の強い上戸彩に対して、森田剛がなかなか婚約に踏み切れなかったため。

 

ジャニーズということもあり、当時は結婚することが難しかったようなのです。

希良梨の現在は台湾人の旦那と子供がいる?

週刊誌に報じられたことによって、森田剛との交際が発覚した希良梨は、その後、芸能界を引退。

 

ただ、真相は定かでないのですが、希良梨の引退は、ジャニーズ事務所の圧力によるものだといわれています。

 

しかし、本当の引退理由は、10代の頃に発症した「子宮頸がん」が原因だったという話もあるようです。

 

子宮頸がんという病気は、ウイルスが原因で子宮頸部と呼ばれる子宮の入り口に悪性腫瘍ができるもので、10代で発症する確率は10万人に1人。

 

希良梨の場合、幸いにも子宮内部には達していなかったそうで、子宮全摘出の一歩手前だったとか。

 

希良梨は、20歳のときに手術をしましたが、病気を公表せずにそのまま引退しました。

 

その後、表舞台から姿を消した希良梨は、単身で世界各国を巡る旅に出たそうです。

 

そして25歳の頃になると台湾へ移住。

 

現地で映画プロデューサーだった台湾人のANKO氏と結婚しました。

 

しかし、がん発症から6年が経過した26歳のときに、妊娠するも流産。

 

流産した原因の1つが、20歳の頃に受けた手術だったといいます。

 

その2年後、希良梨は再び妊娠しましたが、またもや流産。

 

諦めずに半年後には3度目の妊娠。

 

ところが、3度目の妊娠をした頃、子宮頸がんが再発したといいます。

 

子宮頸がんによる体の危険度は6段階中、上から3番目。

 

すぐに手術の必要があったらしいのですが、手術をすれば子供が助からない。

 

希良梨は、自分の命か子供の命かの決断を迫られたそうです。

 

あまりに辛い二者択一に旦那は、「希良梨の命を優先してほしい」と希望しましたが、希良梨は子供を産みたいと主張。

 

こうして夫婦は、がんと戦い続けながら過ごしたのです。

 

そして、がんと戦った結果、無事、長男・程天(スカイ)君を出産。

 

現在もがん再発の恐怖と闘いながら、子供を育てているそうです。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました