愛知豊明母子4人殺害事件は父親(夫)の加藤博人が犯人?現在は時効成立?

愛知豊明母子4人殺害事件の画像事件

「愛知豊明母子4人殺害事件(あいちとよあけぼしよにんさつがいじけん)」は、2004年9月9日未明、愛知県豊明市沓掛町石畑の加藤博人さん(当時45歳)宅で発生しました。

 

被害者は、加藤博人さんの妻・加藤利代さん(当時38歳)、長男の加藤佑基くん(当時15歳)、長女の加藤里奈さん(当時13)、二男の加藤正悟くん(当時9歳)です。

 

犯人は、就寝中の母子4人の命を奪った後、自宅に放火し逃走。

 

15年経った現在も逮捕されていません。

 

なお、この「愛知豊明母子4人殺害事件」ですが、当日、残業で自宅にいなかった父親で夫の加藤博人さんだけが、唯一無事でした。

 

そのため、犯人として疑われるも、アリバイがあったので、事件への関与は否定されています。

 

そこで今回は、現在も未解決の「愛知豊明母子4人殺害事件」について、簡単にまとめてみました。

Sponsored Link

愛知豊明母子4人殺害事件は父親(夫)の加藤博人が犯人?

「愛知豊明母子4人殺害事件」は、2004年9月9日午前4時25分ごろ、加藤博人さん宅から火が出ているのを、近隣住人が通報して発覚。

 

当初は民家火災と思われたのですが、母子4人の遺体に刺し傷や殴った痕があったことから、殺人放火事件と断定し、捜査が始まりました。

 

加藤博人の妻 長男 長女 二男の画像

 

なお、事件発生時の加藤家ですが、2階の1部屋以外は全て施錠されていたそうです。

 

犯人の侵入経路に関しては、放火して証拠隠滅を図っているため、正確なことは分かっていないとか。

 

結局、この「愛知豊明母子4人殺害事件」は、一部の部屋が物色されていたものの、貴金属や通帳、現金は残されていたといいます。

 

そのため、犯人は、金品狙いではなかったのかもしれません。

 

また、犯人の足跡も消えているので、具体的な犯人像を絞り込めていない状況。

 

そこで、霊視や透視で犯人像が浮かべば良いのですが、1番に疑われたのは、この家で唯一無事だった父親で夫の加藤博人さんだったのです。

Sponsored Link

父親の加藤博人が犯人に疑われた理由

一家の父親で夫の加藤博人さんが、「愛知豊明母子4人殺害事件」の犯人として疑われたのには、いくつもの理由があります。

 

その1、まず、家族で唯一無事だったこと。

 

加藤博人さんは事件発生時、勤務先にいたため、無事だったわけですが、当日の残業は事前に予定されていなかったそうです。

 

また、残業はこの日が初めてだったという報道もされていたようです。

 

その2、加藤博人さん宅では、普段よく吠える「ジャッキー」という名前の犬を飼っていたらしいのですが、事件発生時、犬が吠える声を聞いた近隣住人はいませんでした。

 

また、この犬は、普段首輪で繋がれていたにもかかわらず、火災時はなぜか首輪が外されており、車庫に止めてあった車の下に隠れて生存していたそうです。

 

ちなみに、加藤博人さんは、普段鍵を持ち歩かないため、車庫に合鍵を隠していたといいます。

 

そのことを知っていたのは、家族だけで、火災時、犬はその車庫に隠れていたのです。

 

その3、加藤博人さんは不倫していた。

 

加藤博人さんの職業は、愛知県小牧市にある機械器具製造会社の生産技術課長でした。

 

しかし、2001年から2004年の間、勤務先の会社にパソコンの購入代金を肩代わりさせるなどして、何千万円という大金を騙し取り、詐欺で逮捕されているのです。

 

この詐欺事件で加藤博人さんは、懲役3年、執行猶予4年の判決が下ったわけですが、問題は金の使い道でした。

 

当時の報道によると、 愛人に「月40万円」と高級クラブ通い。

 

不倫相手と一緒になるため、家族が邪魔で「詐欺した金でヒットマンを雇ったのではないか?」という説も流れたのです。

愛知豊明母子4人殺害事件で不審車両を目撃

「愛知豊明母子4人殺害事件」の遺族・加藤博人さんは、警察から犯人として疑われ、取り調べを受けました。

 

また、一部のマスコミも、殺人事件に関与しているような報道をしていたのです。

 

しかし、加藤博人さんには、アリバイもあり、事件にはまったく関与していないことが判明。

 

以来、捜査は難航を極めています。

 

ただ、有力な目撃情報が少ない中、警察は今年になって、不審車両の情報を新たに公開しています。

 

その車は、出火前に現場付近で目撃された「尾張小牧ナンバー」の軽乗用車。

 

警察によると、加藤博人さん宅から約200メートル離れた場所で、脇道から県道に出る青っぽい軽乗用車を、トラック運転手が目撃したということです。

 

また、事件発生当初は、「尾張小牧ナンバーのハイエースが、不審車両として、近隣住人に目撃されていた」との情報もあったようです。

 

このハイエースを運転していたのは、30~40代の男性で、助手席には誰も乗っていなかったとか。

 

ほかにも、事件が起きる1年ほど前、加藤博人さん宅の玄関のドアを「ガチャガチャ」と無理やり開けようとした不審者がいた。

 

命を奪われた妻の利代さんが、「最近誰かに見張られている」と不審者について、友人などに語っていたということです。

 

こうした状況から、犯人は加藤さん一家と、何かトラブルがあった人物なのかもわかりません。

 

特に、一家の父親で夫の加藤博人さんを、ターゲットとしていた可能性がありそうです。

 

やはり、犯人は事件当日、加藤博人さんの不在を知らなかったのか。

 

それとも、不在を狙ったのかは不明ですが、怨恨および計画的犯行だったことに変わりはなさそうです。

愛知豊明一家殺人事件現場の現在と犯人の時効

「愛知豊明一家殺人事件」があった加藤博人さん宅の住所は、「愛知県豊明市沓掛町石畑9」。

 

この現場は、事件の2年後に解体され、現在は別の家が建っています。

 

愛知豊明母子殺害事件の現場の画像

 

また、当時飼っていた犬の「ジャッキー」ですが、現在はもうこの世にいないようです。

 

あと、一家の中で唯一無事だった加藤博人さんは、現場となった自宅を解体後、愛知県豊明市沓掛町上高根に移住。

 

現在、生きていれば年齢は60歳になります。

 

そして、いまだ捕まっていない犯人に関しては、時効が成立していません。

 

というか、2010年の公訴時効制度の改正によって、殺人など凶悪犯罪の時効が廃止されたので、現在も捜査は継続されています。

 

なので、早く逮捕されることを願うばかりです。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました