井上晴美 子供の名前は?長男(息子)はイケメンで現在は熊本?

井上晴美の子供と旦那の画像芸能

熊本地震で自宅が全壊するなどの被害に遭ったタレントの井上晴美(41)が、9月7日放送の水トク!「いってらっしゃい!芸能人が我が子に旅をさせたら~2016夏」に出演します。

 

この番組は、井上晴美が自身の子供である9歳の長男と、6歳の長女2人がカナダ旅行する様子をスタジオで見守るという企画です。

 

井上晴美の旦那は同い年のメキシコ人・ルベン氏。

 

出会いは、井上晴美がカナダへ留学した際に知り合い、2005年9月に結婚しています。

 

今回の旅では、2007年6月3日に誕生した長男のココくんと、2009年11月19日に誕生した長女のSU(スー)ちゃんが、両親のルーツ・カナダを訪ねるようです。

 

それにしても、長男(息子)のココくんは、いかにもキラキラネームの個性的な名前が付いていますが、ハーフということもあり、イケメンで女の子からラブレターをもらうほどのモテっぷりだそうです。

 

井上晴美にはもうひとり、2011年8月25日に誕生した次男のコウちゃん(5)がいて、現在も家族5人は熊本で車中泊だといいます。

 

被災しても他人のために支援物資などの提供を呼び続けているのも、母親の心境からでしょうか。

 

今回は初めて海外に出る息子と娘を見守ります。

Sponsored Link

井上晴美 子供の名前はキラキラネーム?

井上晴美は旦那のルベン氏と、9歳の長男、6歳の長女、5歳の次男と5人暮らし。

 

旦那とは2004年に語学留学先のカナダで知り合い、約1年の交際を経て結婚し、帰国しました。

 

長男のココくんが生まれたときは旦那が「豊かな自然の中で子供を育てたい」というので、長野県の上田市郊外に家を借りたといいます。

 

普段の井上は農業をし、タレントやモデルの仕事があるときは上京していました。

 

さらに3人目の子供を産むに当たり、実家に近い方が育てやすいだろうと、2011年の震災後に熊本へ移住。

 

熊本地震が発生するまでは、築80年の賃貸の木造住宅に住み、ガスはプロパン、薪で沸かす五右衛門風呂の超田舎生活をしていたそうです。

 

そんな田舎暮らしをしているにも関わらず、子供の名前はキラキラネームです。

 

子供3人には、ココくん、SU(スー)ちゃん、コウちゃんと、田舎で暮らすには違和感のある名前が付けられています。

Sponsored Link

井上晴美の長男(息子)はイケメン

井上晴美の長男(息子)・ココくんはイケメンで女の子から超モテモテ。

 

以前、テレビに親子で出演した際にも「カワイイ!」と評判でした。

 

(長男・ココくん)
井上晴美の長男の画像

 

井上晴美はココくんのことを「王子」と呼び、ブログでもココくんのモテエピソードを以下のようにつづっています。

 

「王子にラブレターがきた、雨のなか女の子二人がやってきて王子いますか?と。留守だと言うと、これ渡しておいてください!と小さな紙をくれた。表には王子へと名前が書かれ名前はなぜか?となっていた。差出人不明。ハートのシールも張ってある。王子にあとで手紙を渡してみた。最初は驚いた顔して次第に冷やかすと、にやけた顔になっていた。誰が手紙を持ってきたかと聞かれたがカッパ来ててお顔が見れなかったといった。」

 

そのあとには、母親らしい心境もつづっていたのでした。

「告白されて好きでもないのにノリで僕も好きだよとか言わないでよー~ー王子よ行かないでおくれ…かあちゃん寂しい。

井上晴美 現在も熊本で車中泊か?

4月に発生した熊本地震で、井上晴美は自身のブログで自宅が全壊していることを明かしていました。

 

避難勧告のため、近所の友人宅に身を寄せ、庭にテントを張って夜を明かしていたことや、自宅の確認に戻ると「だめだった全壊です」と報告。

 

その後も「これからどうしていいのかまったくわからず」などと現在の心境をブログにつづり、支援物資の配送についても心配する声を載せていたのです。

 

ただ、井上晴美の発言に対し、ブログには「愚痴りたいのはお前だけではない」などと中傷する書き込みがあり炎上。

 

井上晴美は「どうでもいい」というタイトルでブログを更新。

 

「ここblogで書いてることが、私がよくないとかわかりませんが、ネットで悪くかかれてるとか、一切見てませんが聞こえてました。ただ私が感じてること書いてることが、なぜそんな風になるのかよくわかりません。残念です。これで発信やめます。これ以上の辛さは今はごめんなさい。必死です」とつづり、以降更新をストップしたのです。

 

その後、6月に更新されたブログには、現在も熊本で生活していること、車中泊していることが書かれていましたが、その中では避難所に届ける支援物資などの提供も呼びかけていました。

 

特に芸能人なんかは、何を発言しても必ず、中傷されたりします。

 

仕方がない気がしますが、中傷してきた人物の相手にならないのが、一番賢いやり方なのかもしれません。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました